アべ鳥取堂 ゲゲゲの鬼太郎丼

近所のスーパーで「駅弁フェア」があり、ゲゲゲの鬼太郎丼購入。

23101601

パッケージ上面。水木先生の鬼太郎度100パーセント(^^;。
有田焼茶碗というのが良いですね。

23101602

で、肝心の(?)お弁当はこんなカンジ。
目玉の親父様をイメージさせますな。

23101603

美味しくいただいて、有田焼茶碗。大事に使わせていただきます。

23101604

パッケージ側面。
鬼太郎のふるさと鳥取県。鳥取県米子市在住の43モデラー様のことを思い出したりします。お元気でしょうか。

23101605

ペヤングやきそば マシマシキャベツ

好きな食べ物を聞かれれば、迷わず「炭水化物」と答えます。
個人的にはビールの御供には「カップ焼きそば」は上位に入ります。

実は「UFO派」なんですが、店頭で「ペヤングやきそば マシマシキャベツ」を発見。
限定品(たぶん)は直ぐゲットです。古本や模型と一緒です(違)。
ペヤングのパッケージはたいがい横向き?というイメージがありますが、この製品は縦向きです。

21032201

パッケージのフタを残しておく、という習慣はありませんので、遠慮なくパッケージ(包装)を破ります。
とか書きつつ、箱横に表示されている成分表とか、マシマシキャベツとアピールされている「かやく」の袋を撮り忘れます。失敗です。

21032202

この失敗を次に生かすことにして、3分後に大人しく湯を捨て、付属のふりかけを振って美味しくいただきます。
ご馳走さまでした。

 

夏野菜カレーを作る

もう夏野菜の時期は微妙に過ぎていますが(^^;、過ぎ行く夏を惜しみカレーを作ってみます。

最初は物置に保存してある玉ねぎを持ってきます。

17091101
切り刻んで鍋で炒めます。油ひくことを忘れないようにね(^^;。

17091103
炒めるというよりも、焦げてきたような気もします。一杯飲みながらやってますからね(^^;。

17091104
ここで肉投入。国産牛など予算的に購入できませんので、輸入牛を使います。

17091105
この間に畑からオクラとナスを調達し、切っておきます。

17091106
17091107
ここまでは、自前の畑で育てた野菜を使っていますが、ジャガイモとかは・・・・・・既製品使用(^^;。

17091108
野菜関係を全部鍋に入れ、水を足して煮ます。
この時点では、ただのごった煮ですな。

17091109
ルーは伝統のヒデキ感激「ハウス・バーモントカレー」であります。一応「辛口」ね。

17091110
一応完成なんですが、食べてしまって皿によそった画像は無いんであります(^^;。
あー、もちろん美味しくいただきましたよ。

17091111

煮卵を作ってみる

ふと思いついて煮卵を作ってみる。

醤油と和風だし(の素)とデミグラスソース少々を適当(笑)に混ぜて、水でこれまた適当に薄めたものに一晩漬け込んでおきました。この辺はネットを参考に。

07012803

本当は煮込むべきですが、ちょっと手抜き。案の上(?)あまり色は付いてないですね・・・・・・。

ま、ラーメンとかに使えばリッチな気分(^^;。

07012804

次はいろいろ研究してみよ、っと。次がいつになるかわかんないけど(爆)。

食べる幸せ

仕事の途中で某パーキングに寄った際に、「特性サーロインステーキ弁当」@800円なり、
を夕飯用にゲット。「うなぎひつまぶし弁当」とどっちにしようか悩んだけどね(笑)。

060315
アルコールと併用(?)しつつ頂く夕飯に満足、満足。夕飯といっても23時過ぎなので、次回はもっと早い時間にゆっくり食べよっと。

作ってるのは模型だけじゃない

玉ねぎ2個と人参1本、そして豚バラ肉をフライパンで炒めます。玉ねぎの色がほんのり透明に変わるまで中火でのんびりと。
で、ナニを作ってるかというと・・・・・・。

06030501_2_2

カレーです。オチが無くてすいません。

06030502
固形のカレールーのインスト、じゃなく説明には「最初から鍋で野菜や肉を炒める」って書いてありますが、自分ははやく熱が伝わるようにフライパンを使います。この辺はそれぞれ「技」があるんでしょうねぇ。

よし、これで週末はカレー三昧だ!。