プラッツ 1/35 ティーガーⅡ 黒森峰女学園Ver.(完成編)

トラ年はもう終わってしまい、遅れて完成。まぁ、いつものペースだ(^^;。

23022404

車体がティーガーより大きくなり、砲身が長くなったため、力強くなっております。
もう狭い机のうえでは収まりません(違)。

23022405

砲塔付近に近づいてみる。
「汚し」っていうか、ただ汚いだけだ。まったく修行不足です。

23022402

23022406

後からも見てみる。
排気管は登場車両ではボディ色だったので、そのまま。

23022401

24022407

最後にエリカさんを載せてみた。姿勢が良いね(^^;。

23022408

23022403

まだまだ戦車関連のキットは残っております。
エンジンをフル稼働しても作り切れないデッドラインを、とうに超えてしまっているのではないか、という不安に取りつかれる中、購入したり、購入したり、たまに作ったり、というサイクルは続きます。

プラッツ 1/35 ティーガーⅡ 黒森峰女学園Ver.(第七撃)

プラッツから発売されていた(いる?)、塗装済み完成品の逸見エリカ譲のフィギュア。
型抜きの関係で厚くなっている頭髪や指先等は可能な限り削っています。
前回パテ埋めした頭髪部分は、手持ちのタミヤアクリルの中からホワイトにスカイグレイを少々混ぜたところ、なんとか「似たような色」に。筆でペタペタと塗ります。
帽子に貼る赤線と校章(?)にデカールが付属していましたが、行方不明。ちょっと省略です。

23020301

最後に車体の上下合体。
どうも履帯が干渉しているようで、クリアボンドと流し込み接着剤を駆使して接着します。
マスキングテープによる固定方法がやっつけ感満載(^^;。

23020302

前回作成したお姉ちゃんティーガーは艶消しにしたので、一緒に並べた際にトーンをあわせるべく、最後に艶消しクリアを吹く予定でいます。
このところ週末ごとに襲来する寒波により「お外でスプレー派」は、天気予報を眺めつつ、週末に吹く機会を狙っているところです。

プラッツ 1/35 ティーガーⅡ 黒森峰女学園Ver.(第六撃)

干支はトラから代わってしまいましたが、まだまだ作っております(^^;。
予備履帯をダークアイアンで塗った後、クリアボンドで固定しました。
スミ入れをもう少しやり直したりしたのですが、あまり変化なし(ただ汚いだけ?)。まぁ、そんなものか。

23011301

エリカ様は塗装済みフィギュアを手に入れてあります。
頭前後の接続面の隙間が目立ちますので、パテを擦り込んでみましたが、タッチアップするときの髪の毛の色に苦労しそうだな。

23011302

プラッツ 1/35 ティーガーⅡ 黒森峰女学園Ver.(第五撃)

デカールは砲塔側面に貼る校章のみ。
簡単そうですが、経年変化なのかなかなか台紙よりはがれず、あせっております。
校章は2台分あるので、もう一台は・・・・・・夢だ(^^;。

22122301_20221217143901

デカール貼って、セミグロスクリアを吹き、シャーシ上面含めダークブラウンでスミ入れ。
ちょっと汚しすぎ?。
高校生の部活の一環なのだから、汚れてるのはまずいだろうな。多分隊長さんに怒られるだろうし(^^;。

22122303

22122304

スミ入れしたダークブラウンを綿棒で拭き取り、上面や側面に塗り広げるインチキ「フィルタリング」。
インチキだけあって、アラがまるわかり。アニメというフィクションと、リアル(本物は見たこと無いけど)の狭間で悩んでいる、ってことですか。なんちて・・・・・・。

履帯はタミヤアクリルのダークブラウンでコツコツと筆塗り。
「見えない箇所は塗らない」との箴言を勝手に解釈し、奥まった部分はパスしております。

22122302

後は汚しを落ち着かせ、上下合体させたら完成か?
とか思いながら、予備履帯が手付かずなのに気づきます。まったく無計画です。

プラッツ 1/35 ティーガーⅡ 黒森峰女学園Ver.(第四撃)

シャシー裏面と転輪、履帯を中心に影になる箇所は、iブラウンサーフェイサーを吹き付けておきます。
基本色はダークイエロー一色で、缶スプレーで行うので効果は不明です。気分ですよ、気分。
缶スプレーで「うっすらと下地が見える程度」というまでのテクニックにはまだ達していません。

22121601

さぁさぁ、クレオスの缶スプレーのダークイエローを吹きます。
シャシーは履帯を一部マスキングしていますが、履帯に色をのせることを思えば、ブラックを吹いた方が良かったかもしれません。

22121602

上半分はそのまま、ダークイエロー一色。この時点で、裏側にブラウンサーフェイサーを吹いた意味がよくわからなくなっています(^^;。

22121603

ワイヤーはタミヤアクリルのジャーマングレーで筆塗り。
あちこちはみ出していますがいますが、まぁ気にしない。乾燥したら爪楊枝でコツコツ削って落としましょう。

22121604

プラッツ 1/35 ティーガーⅡ 黒森峰女学園Ver.(第三撃)

こうなれば、履帯再現としてタミヤの「キングタイガー連結式キャタピラーセット」を使用。
この存在がなければ、多少割れていようが、強引に接着して済ませていたかもしれません。あぁ、ありがたや。

22120901

22120902

箱裏の取扱い説明には、片側90コマを一気に作って巻き付けるとありますが、なにしろ作っている間に固まってしまうのではないか、という恐怖が先に立ち(^^;、細切れにして組み立てます。

22120903

少しカクカクしたところもあります(^^;が、なんとか巻き付きました。
次は塗装工程に入ります。

22120904

22120905

プラッツ 1/35 ティーガーⅡ 黒森峰女学園Ver.(第二撃)

いろいろと工作しているうちに、履帯の一部が割れ(欠け)ました。
経年劣化のためか硬化していて、なかなか馴染まなかったのですが、ティーガーⅠでも同じ症状が起きており、どうも鬼門のようです。

22120201

硬化して形状が残っていたのを幸い(?)にうまく繋げ、欠けて行方不明のところはプラ板で(それらしく)再現します。

22120202

22120203

一見、うまくいったようにみえますが、よく見てみるとあちこちで割れ始めており、そのうちバラバラになるのが目に見えております。
で、接着したシャシーを無理やり引っ剥がし、履帯も外してしまいました。
うむ、いかにしてくれよう・・・・・・。

22120204

 

プラッツ 1/35 ティーガーⅡ 黒森峰女学園Ver.(第一撃)

トラ年も終わろうとする中、トラネタ第二弾。まったく計画性がありませぬ。
プラッツの黒森峰女学園Verのキングタイガー・・・ではなく、ティーガーⅡ、という昭和ネタでスタートします(^^;。
今は映画版が公開された頃にリニューアル版が出ておりますが、今回はティーガーⅠと同じく旧版です。中身は新旧一緒と思われます。

22112501

ちゃっちゃっと転輪を接着します。誘導輪は最後に履帯と一緒に組み付けます。

22112503

説明書には「上級者向けチャレンジ」という記載があります。牽引用ワイヤのパーツを自分で準備しろ、ってことですな。
無視すると新隊長さんに怒られそうなので、100均ショップで入手したタコ糸を使います。

22112504

まぁ、可もなく不可もなく、というかんじですな。
リーズナブルで良いのではないでしょうか。問題は100m巻なので余りすぎる、ってこと(^^;。

22112506

22112507

履帯を組み込み、上面シャシー(?)を接着してどんどん進めます。

22112508

プラッツ 1/35 ティーガーⅠ 黒森峰女学園Ver.(完成)

トラ年のトラキット一作目。
完成したので、お姉ちゃんを乗っけて、タミヤの初期型ボックスアート風に撮ってみる。
コンデジのレンズのせいか、腕が悪いのか、あるいは両方なのか、なかなか同アングルは難しい。

22030304

ちょっと角度を変えて正面から。
人間を乗せることにより、大きさがわかりますね。

22030306

通信アンテナは折ってしまう事確実(^^;なので、潔く省略。付け忘れたわけではありませぬ。

22030301

22030302

汚しは控えめに。しかし、難しいです。

33030303

余った大量のパーツは、ボーナスパーツと考えるか、余計なモノと考えるかは人それぞれ。でも、価格を下げてくれと考えるのは人情(^^;。
しかし、公式キットとして発売していただけるのはありがたいことです。公式キットを買うことが作品の応援につながるのは事実。買い込んだ公式キットは少しずつでも作っていこうと思います。

プラッツ 1/35 ティーガーⅠ 黒森峰女学園Ver.(第六撃)

キットの履帯は接着、塗装後にいろいろと調整していたらバラバラに。
なんだか硬化していてヤバい感じはしていたんですけどね。

22022404

で、改めて(?)履帯はタミヤの初期型から調達。
セミグロスブラックの缶スプレーを吹きます。

22022401

お姉ちゃんのフィギュアを手に入れました。
小さなフィギュアに色を塗ったり、デカールを貼るのは老眼(^^;で無理なので、無理をせず塗装済みを。

22022402

22022403

髪の毛部分に分割線があるので、パテ埋めしてブラウン系の色でタッチアップしたら、少しヤンキー系になってしまったのは秘密だ(^^;。
お姉ちゃん、ごめん。
他に、抜きの関係で武骨になっている手指を削って細くしたりしております。

より以前の記事一覧