東京タワーです!!

東京タワーです。
やっぱり、ある一定以上の年齢の人間には、スカイツリーより東京タワーなんであります。
左下に指が映り込むくらい舞い上がっております(^^;。

16033101_2

足元(?)の芝公園を散歩し、某ホテルの脇を抜けて迷い込んだ小高い森は芝丸山古墳でした。
案内を読むと前方後円墳ですね。

16033103_2
16033105_2

確かに上から俯瞰すると古墳っぽいです。
ここの・・・・・・どちらが前方で後円部か忘れてしまいました(^^;。やれやれ。

16033104_2

忘れずに(?)増上寺にも寄ってみます。
中に入らせていただいて、歴代徳川将軍霊廟も見学したのですが、厳かな雰囲気を感じ、写真を撮るのは止めておきました。

16033102_2

不忍池に白鳥を見に行く

桜が咲いて狂乱が始まる前の上野に行ってみました。まだこの頃は桜が咲く予兆もありません。
不忍池に生息すると思われる人工の白鳥とビル群。

16032804_4
16032805
不忍通りを西に渡って境稲荷神社まで行ってみました。
写真は「弁慶鏡ケ井戸」の石碑であります。

16032803_2
隣接して立派な(?)門があったので、掲示を見ると東京大学でした。とりあえず、自分は縁がなさそうです(^^;。

16032802
国立近現代建築資料館に入ろうかと迷いつつ、結局寄らずにもとに戻ってきます。
ここからもスカイツリーは見えるんだなぁ、と写真を撮ったりするのであります。

16032801_2

夢の島をゆく

夢の国まで行こうかと思いつつ、一人ではナニなので、新木場で降りて夢の島を目指します。
夢の島一周を目指して歩きだします。
遠くに見えるのは清掃工場の建物みたいですね。

16032501
都立第五福竜丸展示館も入ってみます。
第五福竜丸は、想像していたより大きかったです。展示物の説明はしっかり全部読んでおきます。

16032502
ここまで来たので、熱帯植物館にも入館して見物します。
「熱帯」とうたうだけあって、この季節にしては中は暑いです(^^;。

16032503
埋立地である公園を一周して、過去に思いを巡らせつつ帰ったのでありました。

ヒミコ、君は出ていく

今年の初めのことですが、ちょいと足を伸ばして「ららぽーと豊洲」に。
いつもながら繁盛しております。

16032401
時間に余裕があったので、周辺を一周してみるとLEDで電飾(?)されている向うに無機質な物体が。

16032402
16032403_3
近づいてみると、水上クルーズ船の「ヒミコ」でした。松本零士さんデザインのヤツですね。
「豊洲乗船場」がここだと初めて知りました(^^;。
「有楽町線豊洲駅より徒歩5分」と案内にありましたが、自分の足では5分じゃ着かないんですけど(^^;。よっぽど歩くのが遅いのか?

16032404
しばらく見学していると、やがて出港時間が来て、乗船が終り「ヒミコ」は海(隅田川?)に出ていくのであります。

16032405
16032406
16032407
16032408
そして残ったのは、夕暮れのみであります(^^;。

16032409

勝先生の生誕地

両国小学校東隣の公園内に「勝海舟生誕地の碑」がありました。
公園内で遊ぶ子供をかきわけ(というほどでもない)、人が前にいないタイミングをみて写真を撮ります。

16032001
案内文を読むと、簡潔に生涯がまとめてあります。ちなみに碑の書は西郷隆盛の孫にあたる西郷吉之助氏(当時法務大臣)であります。

16032002
16032003
また勝海舟には直接関係ないんですが、小学校の東側に回ってみると、敷地内で展示(というか保管されている?)錨を発見。
場所が場所だけに怪しまれぬよう(^^;、写真を撮ります。

16032004
案内板を読むと、日露戦争時の駆逐艦の錨だった。艦名は「不知火」。
遠路はるばる英国より回航されて活躍した、ってことですな。

16032005

夕暮れの清洲橋

久々に(?)隅田川橋シリーズであります。

清洲橋のたもとには案内板があり、よーく見てみると
「土木学会推奨土木遺産」
とあります。

16031801
こういう案内板は、クルマで通り過ぎるだけではわかりませんからね。歩いてナンボ、なんであります。あ、自転車でも良いですけど(^^;。
夕暮れですが、写真が撮れるうちにちょっと歩いてみましょう。

16031802
下から見上げてみると、川面を水上タクシーが通ったりして良い風景ですね。

16031803

船橋サーキット跡を訪ねる

よーく思い起こせば昨年のことになりますが(^^;、ちょっと足を伸ばして船橋まで。

16031501_2
用事があったのは、この外来(?)大型店舗ではなく

16031502

この複合商業施設でもなく

16031503

この「船橋オートレース場」であります。まぁ、この日は場外販売のみでレースはやっていなかったんですが。

16031504

16031505

今日はオートレースはともかくレース場閉鎖、そして「船橋サーキット」の跡地は?
てなことで行ってみました。
スタンドは一部が昔通り、とのことでしたが表示があるわけでなく、レース中継に一喜一憂する人々に交じって一周したんですが、どこかよくわかりませんでした。

このIKEAと団地の間の直線が1コーナー先にあったストレートの名残のようです。

16031507

この先がS字~ソックスコーナーがあったと思われます。

16031508

ここが最終コーナーに向かうカーブと思われます。形状がそのまま残っています。

16031506

まだコースの形状が残っていると聞き及んではいましたが、今でも「ほぼ」想像できて面白かったです。
オートレース場が廃止され、そのうち(今でも?)面影が無くなっていくと思いますが、今のうちに行けて良かったな。

三遊亭圓朝住居跡

三遊亭圓朝といえば、怪談話で名前は知ってはいましたが、散歩中に「三遊亭圓朝住居跡」の案内板発見。

16012002_3
16012003_2
場所は北斎通りから1ブロック北側に入った公園になります。案内図とか見ると、今の北斎通り沿いにあるように記載されているものがありますが、公園内の方が案内しやすいですわな。

16012001

雷門をくくらず

新年早々(でもない?)早起きして、昨年と同じく、ここに行ってみます。
ありがたいことに、善良な老若男女で一杯であります。

16010902
今年は、ちょっと列車に乗って移動してみます。

16010901
とか言いながら一駅なんであります。
まぁ、川を渡るのが面倒だからねぇ(^^;。

16010903_2
見上げると青い空。あまり見上げてばかりいると、少し首が痛くなったりします(^^;。

16010904_2

築地市場を放浪する

「マグロの初セリ」のニュースを見て、所用を思い出すふりをして昼から築地市場に出かけます。
場内某店の行列も、ほれ、この通り。

16010602_2
波除神社から新大橋通り方面を望むと、お客さんはこんな感じ。

16010603
波除稲荷神社です。幟を読むと、「稲荷」って入ってますね。
恥ずかしながら人の途切れるのを見て、芽の輪くぐりをしてみます。
お願いするのは、いつものごとく「世界平和・その他」であります。

16010601
あっちこっちと寄り道した挙句、つくだ煮を買って帰ります。