« 動乱の日本戦国史 | トップページ | はじめて話すけど・・・・・・ »

ハセガワ オムロンポルシェ 962C(いろいろ塗り分け編)

ホイールは一体成型。なんとエアバルブまで表現されています。「邪魔で塗りづらい!」などと言ってはいけません。
リムはシルバー、スポーク部分はブラック・・・・・・と塗り分けに少し考えこみます。
サークルカッターという文明の利器がどこかに仕舞い込んであるような気がしましたが、捜索する手間を省くため、マスキングテープを細かく切ってチマチマと貼ってみました。
リムにブラックを吹き、マスキング後にシルバー。4個繰り返すわけですが、案外やってみると簡単でした。

24050401

リムの「SSR」の部分はモールドを生かして、塗ったブラックをペーパーでそっと削り落として表現しました。
全体にクリアを吹いて、ナットはセミグロスブラックを塗ってみたけど、差が分からないな。ま、そんなもんだ。
ディスクブレーキのパーツを接着して終了。

24050402

メーターパネルもインストに沿ってコツコツ塗っております。

24050403

 

« 動乱の日本戦国史 | トップページ | はじめて話すけど・・・・・・ »

ニイヨン(カーモデル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 動乱の日本戦国史 | トップページ | はじめて話すけど・・・・・・ »