« ハセガワ オムロンポルシェ 962C(ヘッドライト編) | トップページ | ハセガワ オムロンポルシェ 962C(ウィンドウ編) »

長篠合戦

長篠合戦 金子拓著 中公新書

副題は「鉄砲戦の虚像と実像」。
信長さまによる鉄砲三段打ち、が強調されすぎるきらいがあると個人的にも感じる「長篠合戦」。
古文書に加え戦国屏風なども検証し、どのように語られ変容してきたかを検証しています。
歴史に語り継がれるような画期的な戦い、という訳ではなさそうであります。

24052101

« ハセガワ オムロンポルシェ 962C(ヘッドライト編) | トップページ | ハセガワ オムロンポルシェ 962C(ウィンドウ編) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハセガワ オムロンポルシェ 962C(ヘッドライト編) | トップページ | ハセガワ オムロンポルシェ 962C(ウィンドウ編) »