« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

遠まわりする雛

遠まわりする雛 米澤穂信著 角川文庫

古典部シリーズの4作目。短編集の体裁となっています。
主人公たちが初めて集まる春から冬までの間に起こった謎や謎。最初は戸惑いますが、作が進み連れてなんだか慣れてきます。米澤氏の力量にうなります。
登場人物たちの間に微妙な(以下自粛)。

24022001

そしてCカーは増殖する(その13)

ハセガワのトヨタ91C-Ⅴ系の第3弾はデンソー(サード)カラー。鈴鹿1000km優勝仕様と思われます。
夏の暑い日に観戦したことを古い記憶より思い出します。やっぱり自分が見たマシンは手元に置きたいわな。
後はトラストチームのマシンが発売されるのを、気を長くして待つこととします(^^;。

24022201

テロルの昭和史

テロルの昭和史 保坂正康著 講談社現代新書

「テロ」と聞くと、国内ではあの事件やらを思い出します。国外まで広げると、もう毎日、といったイメージです。
筆者は「テロ」の定義を決めて語ります。
決してテロの実行者を賛美しない、義挙としない等、流されず批判性を忘れてはなりません。

24022002

フジミ 1/76 イギリス歩兵戦車 マチルダⅢ(組立編)

みんな大好き(^^;、ミニスケAFV。今回はフジミのマチルダさんです。
過去に某女子学園仕様に仕立てようとして購入したものの、微妙に違う・・・・・・と放棄。1個小隊が編成できるほど購入してあるので、ここは素直に組んでみようと思います。

24021601

まずは砲塔、車体を組んで組み合わせてみます。さすが英国戦車、ユニークなカタチしてますな。

24021602

車体が微妙に歪んでるか、工作が下手なのか不明ですが、側面装甲に隙間が発生するので強引に接着。ここは古典的に輪ゴムで固定。
もう履帯は経年変化で固くなっており、割れて(折れて)しまった個所はこれまた強引に接着してあります。

24021603

後部に付く補助タンク(?)が無いと間が抜けて見えるので、プラ棒でそれなりに再現します。ここは某女学園仕様に近づけるための予習でもあります。

24021604

そしてGTカーは増殖する(その7)

いつから自分の中に「ハコスカ」ブームなのか、それとも限定品に弱いのはわからないが、またしても「ハコスカGT-R」。
主な理由は1971年日本GP優勝マシン。なんといってもドライバーが高橋国光氏だから。
またまた積み上げられるのは目に見えていますが、後で血の涙を流すよりいいのだ!。

24021501

Racing On 529号 レーシングRX-7

GT-Rに続く特集は「レーシングRX-7」。
RX-3から始まり、ルマン、GT選手権に登場したマシンの系譜を綴ります。
まぁ、ハセガワから発売されているアレの背景を知ったり、ひょっとするとアレが出たときの資料とか(^^;。
ひとつのマシンを掘り下げているわけではありませんが、ロータリーエンジンを積んだマシンの知識を積み上げるため読むこととします。

24021401

まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん著 文春文庫

展開はとてもハートフルとはいえず、ハードボイルド調に進みます。涙あり、笑いあり。登場人物は愛するキャラクター多し。
三浦氏の直木賞受賞作。
「国道16号線」とセットで読むと「まほろ市」や物語の背景がわかってなお良し。

24021301

国道16号線

国道16号線 柳瀬博一著 新潮文庫

どの地方にも幹線道というものは存在します。
「日本」を作った道。と振りかぶって書かれれば読まずにはいられません。
日本の縮図を読んで勉強しているように思います。
解説は三浦しをん氏。

23111401

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »