« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

累々

累々 松井玲奈著 集英社文庫

松井氏集英社文庫2冊目は連作小説集。
帯には「恋愛小説集」とあります。深い企みをもとに書かれた5話の物語。
読み終わると苦いような気持ちがわき上がってくるのは、まだ人生に未熟だからかもしれません。

23072501

もう一杯飲む?

もう一杯、飲む? 角田光代 島本理生 燃え殻 朝倉かすみ ラズウェル細木 越谷オサム 小泉武夫 岸本佐知子 北村薫 新潮文庫

「もう一杯、飲む?」と聞かれれば、「もちろん!」と答えます。ただの呑兵衛です。
著者陣容は、>角田光代>島本理生>燃え殻>朝倉かすみ>ラズウェル細木>越谷オサム>小泉武夫>岸本佐知子>北村薫の各氏。
帯にある「そこに酒があった」という文章に引き寄せられます。
読み終わったころには、お腹一杯。ここで「もう一杯、飲む?」と聞かれれば、「大丈夫です・・・」と答えます。

23071801

モデルグラフィックス 2023年8月号

特集はゼータガンダム Ver.Ka完全読本。5月号の特集で伝えられなかったコトの続編、というカタチです。

23071201

カーモデルは小田俊也氏製作の、ベルキットMGメトロ6R4。作成も見事ながら、完成写真バックにはサライネス氏のコミックが!。
それに反応するこちらもどうかと思うが、編集部の方も分かってるねぇ。

23071202

家康(六) 小牧・長久手の戦い

家康(六) 小牧・長久手の戦い 安部龍太郎著 幻冬舎文庫時代小説

本能寺の変より立ち直り、織田家を盛り立てるべく家康様は奔走しますが、少し天下の治め方のついて変化が出てきます。
終盤に教科書にも出てくる「小牧・長久手の戦い」が発生します。
まだまだ前に立ちふさがる秀吉様との戦いは始まったばかりのようです。

23071101

クドリャフカの順番

クドリャフカの順番 米澤穂信著 角川文庫

古典部シリーズ第三弾。帯に「祝直木賞」とあるように購入して熟成されています。反省しきりです。
「クドリャフカ」が謎ではなく、「クドリャフカの順番」が謎のキーとなっています。
長編としてボリュームがあり、次々と語り手と場面が変わり進行します。個人的には前二作より読みやすかったです。もちろん、前二作がいけなかったわけではありません。念のため。

23070401

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »