« 下品な戦いはいたしませんの | トップページ | いかなる時も優雅。 »

どんな走りをしようとも我が校の戦車は・・・・・・

聖グロリアーナ女学院・チャーチルMk.Ⅶの3回目。
取説の指定色は「ロシアングリーン(2)」とありますが、缶スプレーでは販売されていないようです(色調が若干異なります、の注意書きあり)。
缶スプレーで塗装する、と決めている(^^;ので、まずオリーブドラブ(2)を吹いてみます。

16050401_2
まぁ、やっぱり違う色にみえる(^^;。
後日、某大型電気店の塗料棚の前で悩んだ末にタミヤの「AS-9 ダークグリーン」を購入します。
吹いてみると、自分のイメージに少しは近くなったかな?

16050402
で、車体の上下を接着する際に、うっかりはみ出した接着剤を触ってしまい、指紋べったりどころか、塗膜までやってしまいました・・・・・・。
おとなしく乾燥後にタッチアップしてスミ入れ、デカールを貼ることにします。

16050403_2

« 下品な戦いはいたしませんの | トップページ | いかなる時も優雅。 »

サンゴーAFV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんな走りをしようとも我が校の戦車は・・・・・・:

« 下品な戦いはいたしませんの | トップページ | いかなる時も優雅。 »